FC2ブログ
京都市左京区 ブティック アトリエRay:のブログです。
page top
芸術の秋
9/14~12/6まで

相国寺承天閣美術館 で山口安次郎作 能装束展 が開催されています。

img049_convert_20091002113543.jpg

昨日は、百五歳 織師 山口安次郎と至高の舞の一期一会

と題して、相国寺境内野外特設能舞台にて、観世宗家、

金剛宗家、片山九郎右衛門、梅若玄祥による 山口安次郎作の能装束を

着用しての演能「相賀の能(しょうがののう)」が行われると言うので

ゆかりさんと一緒に観に行きました。
015_20091002113951.jpg外人の方も着物姿で・・・
017_20091002113951.jpg席からはこのような舞台に・・・

日没から松明のかがり火が舞台を一層盛り上げます。

開演 は午後6時から笛や太鼓が夜空に響き渡り幻想的な趣で始まりました。

・能「半蔀」(はじとみ)片山九郎右衛門

  ~立花供養に応じて現れる夕顔の精・源氏物語「夕顔の巻」より~

・能「碁」金剛永謹
  
  ~源氏物語「空蝉の巻」より~

・狂言「文荷」(ふみにない)茂山千三郎 茂山あきら

  ~主人から届けるようにと命じられたが、途中で文を盗み見ようとした末に

   文を破いてしまい主人に叱られるお話。
 
・一調「小塩」(おしお)梅若玄祥 前川光長

三時間に及ぶ素晴らしい能、そして衣装も真近で観られて感動しました。

やはり山口安次郎さんが語ってられる様に

着てもらってこそ、値打ちがあるのですね。

芸術の秋を満喫出来、嬉しいかぎりでした。

京都の素晴らしい伝統 文化が受け継がれて行く事を

願っています。


スポンサーサイト




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© アトリエRayの美・ろ・ぐ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG